包茎といえば、日本人の3分の2は何らかの包茎であるとも言われています。タレントの猫ひろしさんも包茎手術をしたと話題になりましたよね。包茎には真性包茎をはじめ、カントン包茎、仮性包茎に分けられます。子どもの頃にステロイド等の使用で対策する様なケースも増えてきましたが、まだまだ多くのケースは、そのまま様子を見る事が多いと考えられます。包茎という症状そのものが、男性にとっての自尊心にかかわるなど、とても後ろめたい捉え方をされる事などもあり、成人になっても対策せずにそのままにされているケースが比較的多いと考えられています。仮性包茎であれば、特に大きな問題は生じませんが、真性の場合は性行為への影響や、不衛生になりやすいことでのトラブルが増えるなどのリスクは大きいものです。本人は非常に深刻に悩んではいるものの、実際にどうすれば良いか迷ったまま放置されているケースが未だに多いという問題に対策が必要です。ただ、真性包茎とは言っても、包茎手術等で解決できる問題である事もまた事実です。しかしながら包茎治療への警戒感、価格の問題などが強く、包茎手術で問題が解決すると見られる人たちへの普及が十分とは言いがたい状況です。そこで、病院サイドが積極的に啓蒙活動するなど、最近では包茎手術を受けやすいような情報の提供がさかんにされてきつつあります。真性包茎の場合は保険適用になるため、数万円で済む事などネットなどを通じて情報提供をもっと行う必要があります。

包茎とは、亀頭が包皮で覆われている状態の陰茎を指します。包茎は、仮性包茎、真性包茎、カントン包茎の3つに大きく分けることができ、日本人の場合包茎である人の6割は仮性包茎であると言われています。真性包茎の場合、亀頭が完全に包皮で覆われているため、排泄物や汚れが蓄積しやすいため細菌感染などのリスクが高まりやすいのですが、仮性包茎と異なり自然治癒はほとんど見込めないため、泌尿器科や形成外科などの専門のクリニックで包茎手術を受けることがおすすめです。包茎手術には、Vカット小帯温存法、クランプ法、亀頭直下埋没法など有名な包茎手術方法だけでも10種類以上が存在し、それぞれにメリットとデメリットがあります。包茎手術と言えば、包茎手術クリニックなどでメスを使って皮を取り除く治療法が一般に知られていますが、ステロイド剤を使用する治療法、脂肪吸引を利用する治療法、ペニスの長さを伸ばして余分な皮が出ないようにする治療法など、メスを使わないで治療できる場合もあります。包茎手術はとても繊細な問題なので、まずはインターネットなどで評判を調べて自分が信頼できると感じたクリニックで相談し、自分の包茎の状態や仕上がりイメージに一番適した包茎手術を見つけるカウンセリングを受けてみましょう。

 

セルミー


このページの先頭へ戻る