包茎手術をするにあたって

私のダンナが包茎手術をしたいと言っています。わたしは、全く気にならないのですがダンナは相当気にしているようです。まだ包茎手術をするとは決めっていませんがダンナはしたいそうです。わたしには男性がどのような状況を包茎だというのかもしりまんでしたし包茎手術があることも知ませんでした。最初 ダンナがーそのことで悩んでいることすらしらなっかたのです。本当に何も知らないわたしはダンナを苦しめていたとおもいます。今はそのことを反省し二人でいろいろ話し合っています。よく雑誌などに載っている紹介を見るようになりました。このように大々的に紹介されるということはそれだけ悩んでる人も多いのだろうとおもいました。それと同時にダンナにはやく手術をしてあげたいと思うようになりました。記事を読んでいると包茎にもいろんな種類があると知りました。女性も体のなやみはつきないですが、男性も大変なんだとつくずく思いました。男の自信を持つためにも手術をしたいんだとダンナは言っています。手術費用がいくらかかるかなど大体調べました。ダンナがこれからの人生をイキイキと過ごしてくれるなら手術費用も痛くありません。未来のためにも何よりダンナのために手術を受けようとおもいます。


このページの先頭へ戻る